Goodbye, Steve Jobs.

Steve

ただただ、悲しい。

世界をより良く変われると思い、そしてそれを可能にする力を持つ人はなくなった。

彼の語らいだ未来に魅了し、多くの天才が彼の元に集まっていました。そしてその天才たちの力を200%も引き出し、より良い物を作り、私たちに豊かな生活を与えてくれた。ジョプス氏とAppleが現れなかったら、この世界のテクノロジーとライフスタイルがどうなっているだろう。

私は昔からジョプス氏を語らいだ本を読むのが好き。映画のようなアップル社運。伝説となったの復活劇。素晴らしいプロダクトとサービスを生まれる秘密。細部までのこだわり。本を通して、彼のことを少しずつ知るようになります。彼は5年や10年も長く生きてくれば、いったいどんな夢を見せてくれるでしょう。どんなテクノロジーのあり方を示されてくれるでしょう。

私はこうしてグラフィックデザイナーとして勤められるのも氏が作ったMacがあったらこそです。Macは私にとってはツールとパートナーのような存在、そしてAppleとジョプス氏は師と道しるべのようです。仕事が迷ったとき、Appleを見てみると、答えが見つけられるようなきがします。

ジョプス氏がなくなった今のAppleを心配せずにはいられない。彼が残したビジョン、彼がいないAppleが実現できるだろう。でも、やっぱり、実現してほしい。

ジョプス氏、ありがとう。そしてさようなら。

Goodbye, Steve Jobs.」への2件のフィードバック

  1. またひとつ世界の中心が欠けてしまいました。
    心から御冥福を御祈りします。

    • ヤマダさんありがとう。
      余命がわずかでありながらなお仕事と理想を貫徹しに動いた男のこと、その姿勢とその眩しすぎる姿、私は一生忘れないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。